精神科看護師&PSWのどたばた日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ボランティア活動

<<   作成日時 : 2009/02/18 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久し振りにボランティアに参加してきました。


4か月ぶりぐらいかな





地域の精神障害者の方と


お茶やコーヒーを飲みながら、


お菓子やおせんべいを食べながら、


ボランティアメンバーのおばさま手作りの


煮物や漬物を頂きながら、


いろいろな会話。








病院の患者さんと違って、


たまにしかお会いしないので、






わたし 「え・・・っと、お名前は・・・?」






から会話が始まるわたし。









意外と利用されている方は、わたしの名前を知っていたり。







ボランティアでは、やや幽霊部員になりつつある、わたし。


すべてのメンバーさんの名前もわからなかったりして。





この方は煮物が上手な方。


この方は弾き語りができる方。


この方は押し花ティーチャー。


この方は話しかけやすい・・・。





そんな感じで、ざっくり把握。ス、スミマセン・・・









地域で生活をしている方は


やはり病院の患者さんと違って、


精神状態が落ち着いている方がほとんど。


病識もあり、冷静に発病後の経過を語る方が意外と多い。




とくに身構えて会話する必要もなく、


会話を純粋に楽しむことができます。


楽しい時間を過ごすことができました。










明日は日勤&バレーサークル。










目指せトップ5!下をクリックで応援よろしくです


応援よろしくお願いします。にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
応援よろしくお願いします。人気ブログランキングへ
ビジネスブログランキング

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

通常の勤務に加え、PSW見習いにバレーやボランティア… 管理人さんのエネルギーに驚きです。考えただけでめまいが…笑)
先日から主治医の許可を得て 病院の近くのアパートに戻ってきました。実家では気が休まらなくて。先生が「家族に説明してから後日」と言う当然の意見も聞かず、その場で仕事中の母に電話で説明してもらい、なんとかその日から一人暮らしを再スタートさせたのです。先生から「意外と頑固ねぇ」と一言もらい…。
具合が悪ければ迷わず病院に来るとか危険なことはしないとかいろんな約束もして。
という状況の中で、私の方は、余暇を派手に楽しむ気力はなくても、せめて勤務を乗り切れる体力と精神力を…と祈る日々です(v_v)
シンマイ
2009/02/19 14:00
「シンマイ」さん、コメントありがとうございます。またまた返事が遅くなってしまい、申し訳ないです
久しぶりの一人暮らしはいかがでしょうか。自分の意思を貫いて、1人暮らしを許可してもらったということですが、自分で考えて行動できるということは、当たり前のことかもしれませんが、実はとても素晴らしいことだと思います。
自分の気持ちにゆとりが出来て、やる気が出てきた証だと思うのです。たぶん、初めてコメントを下さった時は、無気力で、何もする気が起きなかったはず。
挑戦したことが上手く出来なかったとしても、挑戦できたことに意味があると思います。
新しいことに挑戦をし始めた「シンマイ」さんが看護師として働くのも、そう遠くないかもしれませんね。

ちと時間にゆとりがなく、たまにしかパソコンを開けない状況になりつつあるのですが、コメントが入っているとなんだか嬉しい気持ちになります。「シンマイ」さん、毎度ありがとうございます
管理人
2009/02/25 10:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
ボランティア活動 精神科看護師&PSWのどたばた日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる