精神科看護師&PSWのどたばた日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 我が家の番人

<<   作成日時 : 2009/01/10 20:03   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

こたつで寝るのが趣味のわたし。


ただ、今はただでさえ湿度が低い時期。


寝ているうちに、かなりの不感蒸泄があるのか


目を覚ますと、


口はカピカピ、ちょっとしたミイラ状態に。






布団で寝たとしても、やはり朝には口やのどが渇く感じ。


インフルエンザ対策も兼ねて、


マスクをして寝ても、息苦しいのか


朝には無マスク。 あれれぇー









看護師たるもの、自分の体調管理はしっかりとしておかないと


と最近買ったのがこちら。





シャープの製品で


高濃度プラズマクラスターイオン」が出てくるというのが最大の特徴。


浮遊するダニのふんや死がいなどのアレル物質を99.9%除去、浮遊ウイルスも約10分間で99%分解・除去します。
とのことです。


というわけで、インフルエンザウィルスにも抜群の威力を発揮してくださるのです。



まさに「我が家の番人」。







加湿器っていうと、湯気がもくもくと出てくる感じを想像しがちですが、


こちらの商品は上に向かってひんやりとした風が吹いているだけ。
それでもちゃんと目に見えない水分は飛んでいるみたいで。


加湿と空気清浄が一度にできてしまう優れもの。








そんな我が家の番人は


いつも自動運転で、家の中を見守り、


普段は静かに働いて下さっているのですが、


わたしがそばを横切ると・・・













なぜか急に「ブォーン」と強風になったりして・・・。








わたしってそんなに臭いのかしら。


自分では分からない、加齢臭みたいなのがある・・・?











ためしに。









ちとおならをふっかけてみたりして。





         










(番人)「シーン。」









あれ、ご機嫌を損ねてしまいましたか?







もう一度実験してみても・・・。





シーン・・・・と番人は無言をつらぬく。












説明書を見ると、私の買ったこちらの商品は、


臭いには反応せず、


空気中のハウスダストの量に反応して、


風量が変わるとのこと。








へぇー、そうなんだぁ・・・・・って。





それって、わたしがほこりっぽいってことですか


それはそれでなんだかショックなわけで。








番人が日夜、働き続けてくれているおかげで、


お肌の潤いが違います。 プルルーンというか。






最も嬉しいのは、マスクなんてせずに寝ても、


口はカピカピになりません。





お勧めです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はコメントに対するお返事ありがとうございました。「1を聴いて10を知る」ように、私の少ない言葉から新人の苦しい状況を察し、温かい言葉を下さったことに読ませていただきながら涙をこらえることができませんでした。ただでさえできの悪い私にとって、まさにドクターとのやりとりや毎日の回診援助は大きな悩みの一つでした。追い打ちをかけるように2年目の先輩は上手にできていたため、それが更なるプレッシャーを生み、不安と劣等感の毎日でした。先輩や友人に相談して、いくらもっともな意見を頂いても心が軽くなることはありませんでした。病休に入り、結局辛かった気持ちは心の奥へと押しやったままになっていましたが、管理人さんの言葉で心から救われた気がしました。お礼の気持ちでいっぱいです(:_;)☆
ブログは今回もホント面白くてつい一人で笑ってしまいました★ プラズマクラスターは最強ですね!
シンマイ
2009/01/11 15:54
「シンマイ」さん、返事が遅くなってしまいました。すいません。ちとパソコンから離れた生活をしていたもので・・・。はい。
私のコメントが「シンマイ」さんの気持ちを少しでも和ますことができたみたいで、なんだか嬉しいです。

看護師歴1年目と2年目の1年の差は大きいですが、10年目と11年目の1年の差なんてあってないようなものです。
「シンマイ」さんにとって、1年上の先輩看護師さんが、とても立派に働かれているように感じるかもしれませんが、それは今だけのことで、これから「シンマイ」さんが「シンマイ」さんのペースで努力していけば、「差」はどんどん埋まっていくと思います。だから、そんなに心配しないで下さいね。

新人看護師さんは、先輩看護師さんの仕事ぶりを見て、自分の無力さを実感することが多いと思います。ただ、だからといって、まったくできていないわけではないですし、自信をなくす必要はないんだと思います。

管理人
2009/01/15 12:14
新人看護師さんは、就職した時に比べて、実はいろいろな技術が身についているし、仕事も早くできるようになっているにもかかわらず、そんな自分のすごさや、成長したことを振り返らず、「先輩のようになりたーい」と高みを目指しがちになると思います。わたしがそうでした。同期の仕事ぶりも含め、まわりばかりが気になって、へこんでばかりいたっけ・・・。でも、今思えば、簡単に先輩のようになれるわけがないのです。

もっと自分のすごさを実感して、自信をもって働いていいのだと思うんです。今だから、そう思える今日この頃・・・。


これからも面白いブログを目指して、記事を書いていくので、また遊びに来て下さいね。
管理人(「シンマイ」さんへ その2)
2009/01/15 12:16
お疲れのところ、こんなに丁寧に返事を書いてくださり、ありがとうございます。           わかりました。     復帰したら、大先輩(管理人サン)の助言を胸に、自分なりに前に進んでいきたいと思います☆
落ち込んだりつまずいたらまた 頂いた助言を読み返して 頑張ります(^^)

ブログは、笑いがなくても楽しい話題でなくても いいです。他の読者はわかりませんが、私はシビアな話題でも愚痴でも、ありのままをとらえた管理人さんのブログが好きです!お気遣いなく。
シンマイ
2009/01/15 14:57
こんばんわ!はじめまして。
衝動行為の看護を検索中にたどり着きました。
精神科に勤務しましてやっと1年が経とうとしています。日々患者さんの行動や症状などから苦悩の毎日です。患者さんに対して担当ナースがありまして、衝動行為を繰り返す患者さんの看護や看護計画を立てるにはどうしたら良いかと悩んでいます。衝動行為を具体的に言いますと、持っていたプラスチックのコップを他の患者様に投げたり、ナースの頭や足を叩いたり蹴ったり、ナースに水をひっかけたりします。どんな看護をしていけば患者様の衝動行為が止むのかと思うところです。アドバイスできるような本などありましたらおしえていただけないでしょうか?
さくら
2009/01/15 19:36
「さくら」さん、コメントありがとうございます。
衝動行為がある患者さんの看護って、すごく難しいですよね。特に精神発達遅滞があったりすると、理解力が乏しので、なおさらだと思います。同じく精神科歴1年のわたしもよく悩む点であります。
衝動行為に走らせないように、また、エスカレートさせないような対応を含め、看護の方法を工夫するだけでは衝動行為はなかなかやめさせることはできないと思うので、薬物療法も含めて、医師と協力していくことが重要だと思います。

何か参考書はないかなと探してみたら、こんなのがありました。
「衝動性と精神看護」(中山書店)http://astore.amazon.co.jp/wzm95324-22/detail/4521604315
どうでしょうか・・・。あまり力になれなくてすいません。
管理人
2009/01/16 15:00
参考書も探していただきありがとうございます。早速注文したしだいです。衝動行為が進まないように医師とも協力していきたいのですが、なかなかその辺が難しいところです・・・。よく勉強してみますね。ありがとうございました。
さくら
2009/01/17 16:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
我が家の番人 精神科看護師&PSWのどたばた日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる