精神科看護師&PSWのどたばた日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 栃木旅行その2

<<   作成日時 : 2008/10/10 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像



日光東照宮に行って来ました。


老若男女、そして外国人、多くの参拝客でにぎわっていました。




さてさて、


日光東照宮とは


元和3年 (1617)徳川家康公を奉祀し創建されました神社。
二代将軍秀忠公により造営された創建当初の社殿は、20年後の寛永13年(1636)三代将軍家光公により建て替えられ、今日の絢爛豪華な社殿群となりました。
現在の国指定文化財(国宝、重文)の建造物は、その時建立された木殿や陽明門など35棟を中心にその前後に建立されたものや、大名の奉納による五重塔や石鳥居など55棟になります。(指定では国宝8、重文34)。これらの建造物は、何れも江戸初期 寛永文化の優れた絵師、名工達、技術集団によって生み出された我が国を代表する宗教建築であります。

平成11年 (1999)には、人類のかけがえのない宝として、ユネスコの世界遺産条約に基づき『世界遺産』に登録されました。

らしいです。





少しですが、撮ってきた写真を紹介しますね。



陽明門(ようめいもん)【国宝】

画像



いつまで見ていても見飽きないところから「日暮の門」ともよばれ、故事逸話や子供の遊び、聖人賢人など500以上の彫刻がほどこされています。





ちなみにその賢者?がこちら。


画像







神厩舎・三猿(しんきゅうしゃ・さんざる)【重文】

画像



神厩舎には猿の彫刻が8面あり、人間の一生が風刺されています。中でも「見ざる・言わざる・聞かざる」の三猿の彫刻が有名みたいです。



画像














画像

















いろいろと見るものが多く、


どれも豪華絢爛なものばかり


へぇーとか、うわぁーとか言っている間に


3時間ぐらい過ぎていました。


特に印象に残ったのは、鳴き竜のある薬師堂。


天井に大きな竜の絵が描かれており、


その竜の頭の下で拍子木を鳴らすと、竜の鳴き声が聞こえる。


竜の鳴き声と言っても、


ガォーとかじゃなくて、鈴が鳴るような優しい鳴き声。


実際に住職さんが出てきて鳴らしてくれるんですよ。


竜の頭の下で拍子木を鳴らした時しか聞こえないから、


これまた不思議。



あと、左甚五郎という方が彫刻した眠り猫(国宝)が有名みたいですが、


そんな情報を知らなかったわたしは、猫の存在に気づくことなく、


上機嫌で東照宮をあとにするのでした。
          

                           つづく





目指せトップ5!下をクリックで応援よろしくです


応援よろしくお願いします。にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ
応援よろしくお願いします。人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
栃木旅行その2 精神科看護師&PSWのどたばた日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる